ゲーム ポケモン

2種類の相場を駆使したポケモン準備

 

2種類の相場

私は長年ポケモンをプレイして

2種類のプレイヤーがいることに気づいた。

戦う者と集める者

戦う者:対戦が好きなプレイヤー
集める者:収集が好きなプレイヤー

この2種類がいる。

イメージはpH (ペーハー)の関係

まずpHとは水の液性を示す値だ。

0〜14まで範囲があり7が中性。

7より下の数値なら酸性。

7より上の数値ならアルカリ性。

 

この酸性にあたる者が戦う者

アルカリ性にあたる者が集める者だ。

そして7は戦う者と集める者の両方の性質を持つ。

戦う者の特徴

戦う者で極端な例(0の場合)を示す。

  1. 対戦最優先でとにかく対戦したい
  2. 対戦で使用率が高いポケモンを重視
  3. ポケモンに拘りがない(ボール・色違い・証etc)
  4. 対戦で使えるなら改造に抵抗はない
  5. 珍しいポケモンは軽視する

集める者の特徴

集める者で極端な例(14の場合)を示す。

  1. 収集最優先で全て集めたい
  2. 対戦で使用率が低いポケモンも重要視
  3. ポケモンに拘りがある(ボール・色違い・証etc)
  4. 改造に凄く抵抗がある
  5. 珍しいポケモンを重要視する

ポケモンのプレイヤーは0〜14の範囲にいる

どのプレイヤーも程度はあれこの範囲に存在する。

そして上で書いたように求めるものが全然違う。

 

私は転売をひたすら繰り返している

転売とは:一方から買った物を、更に他に売り渡すこと。

私はそれをゲーム内でひたすらそれを繰り返している。

特に盛んに行うのはポケモンの新作発売の時期だ。

丁度今から1年前のポケモン剣盾を例に私が実際にやったことを記す。

 

例:ポケモン剣盾発売

事前準備:貸し借り簡単に出来る関係を作る。

  1. フラゲ情報でドラパルトの情報入手。
  2. 通常特性も夢特性もあることを確認。
  3. 戦う者Aから6Vメタモンメタモンを借りる。
  4. 戦う者Bからダークボールのドラパルトを借りる。
  5. 戦う者Cからゴージャスボールの夢ドラパルトを借りる。
  6. 2種類のボールで夢ドラパルトの番を作る。
  7. 貸してくれた戦う者BとCにドラパルトを返す。
  8. 第3者Aに番のドラパルトを渡してこれでポケモン集めろと声をかける。
  9. 代わりにいないポケモンいたら貰う約束をする。
  10. 集める者との交換で夢ニャイキングニャイキングを入手する。
  11. レイドバトルを効率化するためにフォロワーに配る。
  12. 第3者Aから交換で手に入れたポケモンを貰う。
  13. 借りてきた6Vメタモンメタモンでそのポケモンの番を作る。
  14. 第3者Bに番のポケモンを渡してこれでポケモンを集めろと声をかける。
  15. 戦う者Aに出来た理想ポケモンを11種類渡す。
  16. 以上を繰り返す。

これに並行して

  1. 戦う者から非売ボールをお礼に貰う。
  2. 集める者から非売ボールとポケモンを交換。
  3. 戦う者にボールくれたお礼にポケモン渡す。

を繰り返すことでまだ準備出来ていない人も労働力にした。

原則自分対相手のやり取りをひたすら繰り返した。

さらに途中から同じポケモンでもボールを非売に変更して

集める者との交換でも使えるように修正した。

 

この作業はXY、サンムーンときて3回目で

予想より早く準備は終わった。

今現在も使える

例えば非売のボールは集める者には需要がある。

逆に対戦する者にはそれほど重要性がない。

そこを利用したら意外とポケモンは入手出来る。

 

交換場所は Twitterを私はオススメしたい。

基本とんでもないレートだが時々まともな交換案件が来る。

第一に流れが早く色々な交換をチェック出来るのは魅力。

 

 

 

 

 

 

 

-ゲーム, ポケモン

© 2021 かげろぐ Powered by AFFINGER5