ゲーム ポケモン

ジュニア・シニア:ポケ活のススメ

ポケ活とは:マスターカテゴリーに向けたポケモン就職活動

ジュニア・シニアカテゴリーのプレイヤーで

今後もポケモン対戦を続けていくと考えているなら

今のうちにポケ活を私はオススメしたい。

2021年現在のマスターカテゴリーの環境

現在マスターカテゴリーは個人ではなくチーム。

組織で活動する傾向が年々強まっている。

年齢上限解放で歴戦の猛者が群雄割拠する。

多くのプレイヤーはすでにチームを組み切磋琢磨している。

ジュニア・シニアがマスターで躓く点

実績が賞味期限切れ

ポケモンに飽きる

マスターへの準備を怠る

実績が賞味期限切れ

実績が一番価値があるのは取った瞬間。

私はそう考えており、時間が経つに連れ下がる。

特にジュニア・シニアの実績は軽視されやすい。

マスターに上がると過去の実績になる

ポケモンに飽きる

ポケモンのモチベーションがなくなる

特にシニアは受験の時期と被る。

それ以外にやりたいことが見つかる時期。

ポケモン界隈にさよなら、バイバイ

マスターへの準備を怠る

そもそも何も準備していない

ジュニア・シニアの強み

マスターカテゴリーではない

若い

時間がある

マスターカテゴリーではない

同じ土俵に立っていないので敵対されない

ジュニア・シニアだから使える最高特権。

自分が学びたいプレイヤーと知り合いになれば

よりレベルアップする可能性が出てくる。

若い

体力があり、柔軟な思考が出来る

特に長時間プレイする能力は若者の強み。

たくさんプレイすればたくさん対戦が積める。

対戦を積むことでそれが経験になる。

時間がある

ポケモンは時間を消費して強くなるので非常に大事

特に社会人と比べると圧倒的な時間がある。

 

私が考えるオススメのポケ活時期

実績を出してすぐ

気づいたら今すぐ

実績を出してすぐ

実績は取った瞬間が最大でその後時間と共に減少する。

是非取った瞬間に自分自身の自己PRをオススメする。

自分が気になるマスタープレイヤーに勇気を出して

声をかけてみよう、そして自分を売り込んでみるといい。

気づいたらすぐ

今気づけて良かったと今からやってみる。

実績は価値は落ちると言っても一定の価値で維持する。

無くなることはないので自信を持とう。

ただ何度も述べるがマスターに上がると価値は大暴落する。

ポケ活は成功しても失敗してもいい

勿論成功して人脈を開拓出来れば喜ばしいが

仮に失敗しても自分をPRする経験は今後必ず役に立つ。

しかも若いあなたが経験出来たのは大きな財産だ。

行動しないと何も起きない、是非チャレンジ!

 

 

-ゲーム, ポケモン

© 2021 かげろぐ Powered by AFFINGER5